し烈な争い

おはようございます。

だいぶ春らしくなってきましたね。
ワタシの住む羽田でも、うぐいすが鳴きはじめました。
電話の着信音でうぐいすの声がありますよね。
実はうぐいすの鳴き声が「ホーホケキョ」だけでは
ないことを知っていますか?
なんてえらそうに言いましたが、興味があったので調べて
みました。

若鳥というのはまださえずりが下手なんですね。
幼い頃に聞いた他のうぐいすのさえずりを覚えておいて
次の年の春にそれを思い出しながらさえずる練習をして
だんだんうまくなっていくんだそうです。
大人の雄鳥でさえも、春先は鳴き方を忘れてはじめのうちは
調子がでないのだとか。

うぐいすのさえずりは、詰まるところ求愛の声なんだそうです。
雄は他の雄と張り合ってなわばりを守り、雌を獲得するために
多くの時間を費やすということです。

雄は自分のなわばりをパトロールしながら盛んにさえずり、
他の雄に対して自分のなわばりを主張するようです。
同時に雌に対しては「ここで巣を作りませんか」と呼びかけて
いるのだそうです。

なるほど、春先はどうもうまく鳴いていないけど夏近くには
上手にさえずっているわけだなぁと思いました。
鳴き方も一羽ずつ微妙に異なるようです。
その他にたくさんの種類の鳴き声があり、多くはなわばりに
対する警戒の意味と雌に対するアピールだとのことです。

ただ聞いているときれいな鳴き声だと思いますがその裏で
し烈な争いが繰り広げられているんですね。

うぐいす.jpg

うちの近くで鳴いているのはまだまだヘタクソですねぇ。
早く一人前の大人になって美しい声を聞かせてほしいです。

では今日も元気に行ってまいります。



お知らせ>>>




posted by 社チョー at 06:26 | Comment(0) | チョーさんの日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。